ビタミン誘導体成分辞典


ビタミンCは毛穴に効果的

APPS(ビタミンC誘導体)

APPSは、両親和性という特徴があるので、脂質にも水分にもなじみ、角質層への浸透力が非常に高いビタミン誘導体です。

美顔器などを使わなくても、表皮、真皮層にまでよく浸透します。

美白を実感するのはもちろん、長期間使うことで、しわの改善にも期待がもてます。

AA2G(グルコシド型C誘導体)

ビタミン誘導体のAA2G(グルコシド型C誘導体)は、美白化粧品に多く使われている薬用の美白成分です。

体内でビタミンCとブドウ糖に緩やかに分解されて、美白効果を発揮します。

AA2Gは、使用感が穏やかで、安全・安定性もあるので、敏感肌の人にも向いています。

APM・APS(水溶性C誘導体)

APMは、リン酸エステル型のビタミンCにマグネシウムを、APSは同じくリン酸エステル型のビタミンCにナトリウムを結合させたビタミン誘導体で、両方とも薬用の美白成分です。

水溶性なので、化粧水や美容液などの美白化粧品に配合されています。

APM・APSの濃度が高いものは、にきびの改善効果もありますが、乾くと肌がつっぱったり、化粧ののりが悪いなどの欠点もあります。

EPC(ビタミンC・E結合型誘導体)

EPCは、ビタミンC(リン酸エステル)にビタミンEが結合したもので、水分にも脂質にもなじむ両親和性という特徴があるので、角質層に浸透しやすいビタミン誘導体です。

ビタミンCとビタミンEが皮膚の内部で結合を解くと、それぞれが補完的に働くので、高い抗酸化作用があります。

活性酸素の除去や、保湿、にきびの発生抑制などに、高い効果があります。

VCIP(油溶性C誘導体)

ビタミン誘導体のVCIP(油溶性C誘導体)は、ビタミンCと油分を結合させた構造なので、保湿力が高く、肌を乾燥から守ってくれます。

水溶性のビタミンC誘導体よりも皮脂膜や角質層を通り抜けやすい、高い濃度でも刺激が少ない、などの特徴を持っています。

このVCIPによって、従来のビタミンCの欠点をかなり改善したと言われています。

  スポンサードリンク
 

  このエントリーをはてなブックマークに追加