黒ずみと角栓を取り去るオイルマッサージ


毛穴ケアの正しい洗顔方法

角栓はオイルで溶かす!

洗顔料でも洗い流すことができない頑固な角栓は、オイルマッサージで取り去りましょう。

毛穴に詰まった皮脂や角質は、パックやマスクだけでなく、オイルで取り除くことができます。

例えば、オイルタイプのクレンジングなどは、メイクを落とすだけでなく、毛穴の汚れも洗ってくれます。

オイルはつっぱりもなく、乾燥肌にも使うことができます。

オイルマッサージのやり方は、オイルを両手の中指と薬指の腹でゆっくりと円を描きながら、丁寧に肌になじませて洗い流すだけでOKです。

角栓や黒ずみが気になる部分、毛穴が開き気味な部分を中心に、週に1回程度行うとよいでしょう。

また、オイルマッサージのやりすぎは逆に毛穴を開かせてしまうこともあるので、頻度は必ず守りましょう。

オイルマッサージ?パック?どちらがよいの?

角栓には2種類のタイプがあり、1つは硬い角栓、もう1つはやわらかい角栓です。

この角栓のタイプによって、オイル向きとパック向きとに分かれます。

硬い角栓とは、皮脂にうぶ毛が混じったものなので、パックで大変よくとれます。

また、やわらかい角栓とは、皮脂に角片が混じったもので、こちらは溶かして取り去る角栓取りオイルが有効です。

  スポンサードリンク
 

  このエントリーをはてなブックマークに追加