正しいクレンジング方法


正しいクレンジング方法正しいクレンジング方法は、
(1)髪をしっかりまとめる
(2)ポイントメイクから落とす
(3)クレンジング剤は適量に
(4)皮脂の多いところになじませる
(5)Uゾーンはらせんを描くように
(6)最後は菱の少ないところ
(7)しっかり洗い流す
の6ステップです。

髪はしっかりまとめる

髪が顔にかからないように、ヘアバンドなどでしっかりおさえましょう。

この際、生え際、耳、額に髪がかからないように。

はじめにポイントメイクから落とす

まずは目元、唇、眉の汚れを落としましょう。

ポイントメイクを落とすクレンジング剤をたっぷり含ませたコットンを30秒間おいて、その後やさしくふき取ります。

クレンジング剤は適量を守る

クレンジング剤は、必ず「適量」を守りましょう。

クレンジング剤が少なすぎると肌を傷めてしまいます。

また、冬はクレンジング剤が固まることがありますので、そのときは手の上で温めてから顔にのせましょう。

クレンジング剤は、皮脂の多いところになじませる

いわゆるTゾーン(おでこの中心から鼻の頭、おでこの中央からこめかみ)にらせんを描くようにクレンジング剤をなじませます。

小鼻と鼻筋は特に毛穴の黒ずみが目立つ箇所なので、輪郭に沿って、人差し指と中指の腹を上下に動かし、やさしく丁寧に洗いましょう。

髪の生え際は汚れが残りやすいので、意識して。

Uゾーンはらせんを描くように

あごの中心から耳の付け根に向かって、らせんを描くようにクレンジング剤をなじませましょう。

あごのくぼみ、フェイスラインも丁寧に。

最後は皮脂の少ないところ

目元は皮膚が薄く、傷つきやすいので、慎重にやさしく洗いましょう。

この際、「目元→まぶた→こめかみ→下まぶた→目頭」の順になじませます。

頬と口のまわりは、顔の中心から外側に向かってらせんを描くように。

クレンジング剤を洗い流す

メイク全体にクレンジング剤がなじんだら、すぐに洗い流しましょう。

ここで大切なのは、顔にお湯をかけるように落とすこと。
手のひらでこすってはいけません。

また、すすぎの回数を増やすとそれだけ肌が乾燥してしまうので注意。
クレンジングは手早くすませましょう。

  スポンサードリンク
 

  このエントリーをはてなブックマークに追加