保湿ケアの正しい方法

保湿ケアの正しい方法を紹介します。洗顔後の保湿をしっかりしないと、また毛穴の中に黒ずみ汚れが溜まってしまいます。うるおいのあるお肌をキープしましょう。

保湿ケアの正しい方法一覧

保湿には水分補給を
水分が不足して、肌が乾燥するとシワや肌荒れ、カサつきなどの肌トラブルの原因になります。化粧水でたっぷり水分を与えたら、すぐに保湿料で保護しましょう。
正しい化粧水のパッティング方法
化粧水をつけるときは、化粧水をたっぷりと含ませたコットンでやさしくパッティングしましょう。化粧水は高価なものを少量使うよりも、安価なものをたっぷり使うほうが肌を潤わせるには効果的です。乾燥しやすい目元、口元はコットンだけでなく、指先でうるおいを与えるようにするとより効果的。乾燥がとても気になるようなときは、コットンパックもおすすめです。
保湿料の種類と選び方のポイント
美容液はノンオイルタイプがおすすめ。乳液・クリームもできるだけ油分の少ないタイプを選びましょう。油分の多いものは、ニキビや吹き出物、肌荒れの原因になります。
正しい美容液・乳液・クリームのつけ方
美容液は肌のビタミン剤。たっぷりの化粧水で水分補給をした後は、すばやく美容液をつけて潤いをキープしましょう。化粧水と美容液で与えた水分と潤いを、乳液・クリームにふくまれるオイルの膜でコーティングします。
保湿成分辞典
保湿成分には、エルデュウ、リピジュア(リピジュール)、活性型セラミド、合成セラミド、天然型セラミドがある。